FXを株と比較すると

最近は株よりもFXの方がなじみが深いという人も多いのではないでしょうか。ひと昔前は投資と言えば株のイメージでしたが、最近はスマホで簡単に使えるツールなどもFXの方が多いです。



この理由にはいくつかあるでしょうが、主な理由は二つでしょう。
まず最初の理由は、株よりも投資対象がわかりやすいということです。

株の場合は投資をする際にどの銘柄に投資するのかということを考える必要があります。

このサイトでReutersに有効な知識の紹介です。

チャートの読み方やいろいろ知らなければならないのに、さらに銘柄を知るのは大変ということになりがちです。


実際は初心者が儲かりやすい銘柄というのは限られてきますし、ファンダメンタル分析といって経済状況を分析するような手法はそれほど取りません。


しかし、イメージとしては経済新聞を毎日まんべんなく読んでいるようなイメージがあるのかもしれません。

昔はテクニカル分析に優れたツールがそれほどなかったので上述のような分析手法も多かったです。
しかし今はテクニカル分析の方が圧倒的に有利でしょう。

チャートの動きでみんなが即座に反応するため、新聞を読んでいても無理です。

そして、もう一つFXの方が人気の理由は取引できる時間です。株は取引きできる時間帯が午前9時から午後3時と短いです。

サラリーマンなら会社にいる場合がほとんどでしょう。
当然会社で取引するのは厳しいです。


しかし、FXの場合は24時間いつでも取引が可能です。

FXのクチコミ評価が高いです。

この違いはかなり大きいでしょう。